sabakuでは、文房具、オフィス用品を専門に扱っています。なたにあった文具やオフィス用品を探してください。こちらの商品は、筆記具に登録されています。文房具・オフィス用品カテゴリも確認していただければ、あなたの探してる文房具が見つかるかもしれません。が提供しています。詳細は「詳細はこちら」をクリックしてください。すぐに発送可能です - 在庫あり。

商品名:ラミー LAMY コンバーター LZ24(アルスター・サファリ用)2本セット

ラミー LAMY コンバーター LZ24(アルスター・サファリ用)2本セット

ラミー LAMY コンバーター LZ24(アルスター・サファリ用)2本セット

「ラミー サファリ」と「ラミー アルスター」の 各万年筆に対応するインクコンバーターです。 インクボトルから吸引してご使用頂く必要がございますが、 多く筆記される方など、 インクは消耗品なのでコンバーターがあると とっても便利で、エコロジー♪

価格:¥1,040

商品関連Q&A

LAMYの万年筆(2980円)のデザインがすごい好みなので買おうか迷っているのですが私は高校生なので万年筆を使うタイミング?使う場面がよくわかりません・・・そこで質問なのですが万年筆は基本どのような用途で使うのでしょうか?高校生でも使い道はあるでしょうか?文章が読みづらかったらすいません・・・ (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

>万年筆は基本どのような用途で使うのでしょうか?万年筆もシャープペンやボールペンと変わらないただの筆記具です用途もたいした違いはありませんよ。

ラミーのサファリペンシルL118はいいシャーペンですか?値段もけっこうするので、書きやすいかどうかおねがいしますと、言っても個人差があるので、硬めか柔らかめかでおねがいします(>人<;)あとは、壊れやすいなどのアドバイスおねがいします (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

サファリペンシルねぇ。サファリの万年筆と同系統のデザインが仇になって、シャーペンでは使いにくいんでは無いかと思っていて、敬遠してます。サファリは親指と人差し指の位置を固定するように摘まむところが異形になってます。万年筆だったらペン先を裏返すのはNGなので、この形状で良いのですが、ペンシルでは・・・。シャーペンは線の太さを維持するために書いている途中で持ち替えする人が多いですが、持ち替えしたときに指先に違和感が出るのでは無いかと。LAMYの日本サイトでも「軽くて丈夫な樹脂製ボディのグリップ部分には、誰もが正しくペンを握れるようにくぼみが設けられています。」と書かれてます。アルファベットや数字は線の太さなんて気にもされないので、外国語圏の人々では問題にならないんでしょうけど、画数がやたらに多くなる漢字を使用する我々にとっては、持ち替えを拒むようなデザインのシャーペンは・・・ダメでしょ。持ち替えを行ってはいけない万年筆、持ち替えの意味の無いボールペン、だったら問題無いですが、シャーペンは状況が変わってくる。uniのクルトガエンジンの様な機構が内蔵されていたら問題解決するんでしょうけど、そんな物備わってません。・・・・小生はLAMYのL12-EFを使ってます。クリアーボディの万年筆。

万年筆について教えて下さい。最近、ラミーのサファリ中字の書き味が好きで日記を書く時に使っております。以前はプラチナのプレジデント細字やデパートの物産展でたまたま見つけた大橋堂の万年筆細字を使っておりました。気分転換にラミーを買ったのですが、自分としてはウン万円もした大橋堂の万年筆をメインに使いたいのです。そこで万年筆に詳しい方に質問致します。大橋堂の万年筆のペン先とペン軸はセーラーからの供給です。ラミーのサファリ中字に似たセーラーのペン先はありますか?(ペン先を交換して使います)鉄ペン金ペンに拘りはありません。ただ、自分の好みはペン先のしなりを使ったハネやハライよりも、硬いペン先で指先を使っての書き方が好みです。厄介な質問と思いますが、宜しくお願い致します。 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

文面からしますと、「万年筆の首軸のみを入れ替えて使う」ということでしょうかね?私の持っているセーラーは軸が細いために、大橋堂さんの万年筆にははまりませんでした。いくら部品の供給を受けているからと言っても、どのセーラー製品とでも互換性がある訳ではないみたいですよ。確実性のために、リアル店舗で色々と組み合わせを試してみますか?「サイズ」、「書き心地」、「勘合具合」、「字幅」などに対して納得するまで繰り返すことになると思います。(店の人からは良い顔をされないのではないかと思いますが。。。)私のお勧めする方法は、大橋堂さんに現品を送って換装してもらいましょう。送り状には、「太字のペン先に交換願います。私はペン先のしなりを使ったハネやハライよりも、硬いペン先で指先を使っての書き方が好みです。」などの換装・調整に必要な情報を加えて書きましょう。筆記具は、お使いの「ラミーのサファリ中字」を使いましょう。使用したインク名と、送り状を書いた紙と同じ紙を追加で同封しておけば、大橋堂さんも比較しやすくなると思います。こんな感じでやってみてはいかがでしょうか。By ともみ

万年筆の標準的なインクのコスパは良いのでしょうか?筆記距離などから、ゲルインクとのおおよその比較を教えてください※個人的な予想で構いませんフェルミ推定でもokですまたは中庸なものを想像してください参考までに、わたしはラミーサファリスケルトンFインク:iroshizuku 50ml 1500円紙:A4コピー用紙 を使っています (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

インクのフローとか色々な条件があるのでそれ次第かと。個人的にはボールペンの方が単純に距離の単価では安そうに感じますが、特に安いボールペンでは頻繁に捨てるとか無くすとかで気持ち的には万年筆の方が安いというか軽いですね。まあ万年筆を無くすは大ダメージですが、高価な分無くす可能性ははるかに低いですね。

LAMYのサファリかアルスターのどちらかを買おうと迷っています(どっちもシャーペンで)筆圧が濃いのでアルスターだと金属ですから指が痛くなる気がしますがどうなのでしょうかそこらへんを踏まえて教えてください!(持ち方が良くなって筆圧が薄くなるというのは無しにしてください) (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

アルスターにシャーペンは無いのでは?http://www.lamy.jp/products/al_star.html油性ボールペンだとして考えると、持つところはプラスチックですから変わらないと思います。アルスターは冬場冷たいですよ。

LAMYのサファリ(シャーペン)は ツルツル滑る(普通のボールペンみたいな感じの)プラスチックですか?それとも少しザラザラした(パソコンとかの充電するACアダプターみたいな感じの)プラスチックですか? (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

普通のプラスチックですが、シャイニーブラックではないほうのブラックは滑りにくいですよ。

LAMYのサファリペンシルはLAMYが作っているシャープ芯を使えば、壊れにくくなるでしょうか?やはり、日本のメーカーの物を使うと、いっきに芯がでてしまうということが起こってしまうんですか? (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

うーん、やはり芯よりもペンシル本体の構造が原因の様な気がしますね。向うのペンシルは結構精度がいまいちのようです。僕のペリカンのペンシルも同じ症状を起こしています。クルトガ程ぐらつきはありませんが、やはり気になりますね。

万年筆について質問です。万年筆について質問です。ウォーターマンのコンバーター式万年筆を使用しています。インクがコンバーターの半分くらいまで減ってきた場合、どうすればよいのでしょうか?インクがペン先の反対側に溜まってしまい、インクの出が悪くなります。 爪でコンコンしてインクをペン先側へ落とすのが正解でしょうか?また、吸入式を試そうと思うのですが、1 吸入式である2 国産メーカー3 できれば金ペン4 1~3万円くらいでおすすめはありますか? 国産ではありませんし鉄ペンですがペリカンM200が1万円程度と とりあえず吸入式を試すならこれかな?と思うのですが…どうせなら長く使えるものがほしいので…国産万年筆で上記条件に合致する物で最安、もしくはおすすめは何でしょうか?(値段に関してはあまり気にしていません。お試しで…なら1万円程度かな…と思った次第です。) (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

こんにちはコンバーター内のインクがスムーズに移動しない現象を「棚吊り」といいます。有名なのはパイロットのCON-50というコンバーターで、パイロット以外のインクでは棚吊りが頻繁に発生しました。現行品はコンバーター内に鉛が挿入され、棚吊り現象が改善されています。原因として、コンバーターの材質とインクとの相性に因ります。したがって、今お使いのインクを替えれば、棚吊りも解消するかもしれません。どうしてもお使いのインクとペンを替えたくないのなら、コンバーター内にインクの移動を促すモノを入れることです。PLATINUMのカートリッジに入っているボールをコンバーター内に入れている方は多い筈です。ただ、WATERMANのコンバーターには口径の関係で入りませんので、モンブランのカートリッジ(ショートタイプ)に入っているボールがいいとおもいます。プラスティックのような材質ですので、指でちょっと圧をかければ入ります。但し、入れたら最後取り出すのは不可能です。まぁ、取り出す必要もないと思いますが…あと、吸入式のペンですが、仰る通りカスタムヘリテイジ92がベターですね、、。ちょっと気になったのは、「どうせなら長く使えるものがほしいので…」とのことですが、メンテさえ手を抜かなければ、金ペンも鉄ペンも寿命は同じです。小生は、鉄ペンに古典インクを入れて使ったりもしますが、定期的なメンテさえ怠らなければペン先が腐食することはまずありません。以上、ご参考まで…

最近、万年筆に凝り始めました。パイロットのカスタムヘリテイジ92と、ペリカンm400のどちらを購入するか悩んでいます。持っているのはペリカンm200、ペリカーノ、パイロットカヴァリエ、lamy サファリで、筆圧は強くないので、カリカリよりも滑るような書き心地が好みです。金ペンを使ったことがなく、吸入式の万年筆で、購入後のインクはペリカンを入れる予定でいます。貧乏なのでモンブランなどの超一流品よりも、手軽だけどそこそこ高価な2つに絞りました。こっちを買ったほうが絶対いいよ!というのを理由をつけて教えてほしいです。 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

ヘリテイジ92もM400も持っています。まず、購入価格はヘリテイジのほうが安いですね。品質も安定していて、当たり外れがない(もしくは少ない)。細字を考えているなら、国産万年筆は安定した細さです。特にパイロット5号ニブの<F>は、個人的には大好きです。国産ニブで一番好きかも。<EF>や<MF>も悪くないです。M400(をはじめ海外万年筆の多くは)はニブの大きさや形状にばらつきがあるため、試筆してから購入することを強く勧めます。できれば何本か並べて書いてみるといいのですが、好みに合ったペンを選べたら、それは一生ものでしょう。M400はあの値段でペンがバイカラーですし、軸のストライプも美しく、高級感があります。ただ、M400の<EF>がパイロットの<MF>と同じくらいの太さです。もちろんばらつきがあるのですが。あと、回転吸入式はたしかに魅力的な機構ですが、インクを頻繁に替えるなら、コンバーターのほうが若干洗いやすいです。まあでも凝り始めたのなら、どっちみち2本買うかもしれず、単にどっちが先かということになるかも。どちらも異なる書き味や雰囲気を持つ万年筆で、しかもどちらも名作だと思います。

トンボ鉛筆のzoom101という万年筆を購入したのですが、コンバーターを使用し古典BB?というインクを使用したいと考えています。こちらにCON-70というコンバーターは使用できますでしょうか? (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

con-70を含む、国内メーカーのコンバーターは使えないです。ヨーロッパ規格のコンバーターが使用できます。app.m-cocolog.jp/t/typecast/41440/41399/72600729このサイトの「ヨーロッパ統一規格」に記されているメーカーのものなら使えるのだと思います。(そのメーカーでも適合するものとしないものはあるかと。詳しくは分かりませんm(_ _)m)何処かで聞いたことがあるだけなので、間違っているかもしれません。