sabakuでは、文房具、オフィス用品を専門に扱っています。なたにあった文具やオフィス用品を探してください。こちらの商品は、ボールペン替芯に登録されています。筆記具カテゴリも確認していただければ、あなたの探してる文房具が見つかるかもしれません。が提供しています。詳細は「詳細はこちら」をクリックしてください。

商品名:【メール便可】モンテベルデセラミックゲル芯 ターコイズ (F)

【メール便可】モンテベルデセラミックゲル芯 ターコイズ (F)

【メール便可】モンテベルデセラミックゲル芯 ターコイズ (F)

メーカー品番 

価格:¥504

商品関連Q&A

シャーペンの芯のFとHBの違いを教えてください。 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

芯の硬さですねー( ̄▽ ̄)FはHBとHの中間の硬度です。メーカーによって硬度の設定はまちまちなので、その辺は目安でしかありませんが。黒鉛と粘土の割合で芯の硬さが変わりますが、HBよりはFの方が粘土の比率が高いのです。

ジェットストリームFに0.7mmの替え芯を入れることはできますか?ジェットストリームFはもともと0.5mmなので、やはり0.5mmにしか対応できないでしょうか。詳しい方教えてください。 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

ジェットストリームF(黒ボールペン+赤ボールペン&シャープの多機能ペンタイプ)を使ってます。0.7mmの替芯ですが、使えますよ。ペン先のボールのサイズが違うだけなので普通に使えます。替芯は黒・赤・青・緑のどの色も品番は「SXR-80-07」です。

ペリカン万年筆のインクのことで教えて下さい。M800で普通の4001のロイヤルブルーを使っているのですが、文字が掠れて使い物にならなかったのでラミーのターコイズを入れてみたらウソみたいにヌラヌラ書けるようになりました。しかし、インクは同メーカー同士がいいと聞いたのでペリカンに戻そうと思っています。4001では掠れるので、ボトルインク エーデルシュタイン という3倍くらいするインクを思い切って購入しようと思っています。4001に比べて書き味はやはり違いますか?詳しい方、よろしくお願いします(_ _) (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

いい万年筆ですから、大事にしたいお気持ちはわかります。書き味は、インクフロー(インクの出の量)で大きく変わります。もし使いたいインクでフロー少ないと感じようでしたら、専門店で調整していただいてはどうでしょう?僕も、実用の物はインクを多め目に調整してもらっています。フローが多いと、本当に書き味がよくなりますよ。あと、かすれる原因として、書いている紙との相性もあるかもしれません。そのインクは、若干粘性が高いので、一部のメーカーの紙だとかすれます。僕もそのインクを使用していた時によくありました。万年筆とインクは同一メーカーであるべきかですが、いい万年筆ですから、基本的には同じほうがいいと思います。というのは、かつて有名万年筆店の店主がそうアドバイスしていたからです。ただ、別の専門家は、他社の万年筆でもペリカンのインクは安全だからおすすめできるよ、と言っていました。ご参考までに。

http://livedoor.blogimg.jp/sleepy0130/imgs/f/3/f30bd7d3.jpgぺんてるのシャーペンなのですが、何という種類のもの(製品番号?)か分かる方いらっしゃいましたら、教えてください(>_<;) (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

Xsシャープという製品です。特に青と赤の製品の見た目が残念だったため、短期間で製造終了になりました。製品符号は、スマッシュのQ1005に続くQ1015だったように思います。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12106414027http://la68inside.blog114.fc2.com/?no=610http://www.amazon.co.jp/dp/B0017OJ216/Q1015-A 黒軸Q1015-B 赤軸Q1015-C 青軸0.3mmのモデルがあったかどうかは忘却の彼方です^^;http://www.pentel.com.tr/pentel/kursunkalemler/q1015.aspトルコでは現行商品ぽい???単にWEBサイトが更新されていないだけかも。ケリーも昔の色のままで販売されているような感じですけど。http://www.pentel.com.tr/pentel/kursunkalemler/p1035.asp

この万年筆の名前、型番を教えて下さい。1から4は同じサイン会で、5は別のサイン会です。5の画像元のブログには、「今回のサイン会で使ったのは、ペリカンの万年筆」と書かれていますが、万年筆の写っている部分が少ないのと、画像が一枚しかないので、万年筆の知識のない私には名前、型番等の判別が出来ないため詳しい方の回答をお待ちしております。お手数をおかけして申し訳ないですが、その万年筆が今でも手に入るか、大体いくらぐらいで売られているかなどの情報も教えて頂きたいです。1.http://livedoor.blogimg.jp/masterhori/imgs/f/6/f672513b.jpg2.http://livedoor.blogimg.jp/masterhori/imgs/b/9/b931f6a8.jpg3.http://livedoor.blogimg.jp/masterhori/imgs/f/4/f4d4806c.jpg4.http://livedoor.blogimg.jp/masterhori/imgs/6/4/6400293a.jpg5:http://www.shueisha-int.co.jp/blog/wp-content/uploads/2012/02/2.3-3.jpg5.の画像元 http://www.shueisha-int.co.jp/blog/?p=6954 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

天冠(キャップのてっぺん部分)とペン軸の部分から、ペリカンのスーベレンシリーズであることは間違いないでしょう。天冠が黒く塗られているので、一世代前のモデルです。現行品ではないので、手に入れるのは難しいかと。たとえ、中古やオークションで手に入れても、他人の手で長く使われた万年筆は、その人の癖がついているので書きにくいです。問題は、スーベレンシリーズのどれか、です。スーベレンシリーズは同じようなかたちで、M300、M400、M600、M800、M1000と4種類の大きさがあります。数字が大きくなるほど、大きくなる。写真からは、300や、1000ではないと判断できます。これは間違いないでしょう。で、残りの400か600か800か、なんですが、800シリーズが人気が高く、確率的には800です。逆に、あまり人気が無いのは600。でも、800にしては、ペン先が小さく見えますし、ペン軸も比較的細く見えます。また、400にしては、軸が長い。なので、写真に写っているものは、数年前まで販売されていたペリカンのスーベレンM600(緑縞)であろうと推測します。価格は4万円弱です。

ペリカンのロイヤルブルーというインクについて。ペリカンのインクを・プラチナ#3776センチュリー 中字・シェ―ファー ステンレスペン先F・ラミーサファリ EFの3本の万年筆にほぼ同時期に入れました。同じインクで同じノートに書いても3本とも全く違う色が出ます。プラチナ < サファリ < シェ―ファーの順に濃くなっている気がします。サファリは枯れた青色、シェ―ファーは紺に近い青色でこの二つは暗めです。プラチナの色は、かなり明るいブルーになり色の濃淡もわりと出やすいです。プラチナの色が理想なのです。コンバーターの中に水分が残っていたわけでもなくどうしてこのような現象が起きるのか不思議です。ほかにも同じような方、いらっしゃいますか? (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

万年筆それ自体の密閉性の問題です。水分が蒸発しやすいものほど、色が濃くなりがちです。わたしの方こそ、勉強になります。そっか、シェーファーはそんなに密閉性が悪いのか。。。

万年筆のインクの月夜はどのようなインクでしょうか?良いインクですか?因みにパイロットのブルーブラックインク(現行品)と比べて書き味、字の太さなどの違いはありますか?万年筆はパイロットのFニブを使うとします。 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

単純にブルーブラックとは色が違うだけと思っていただいていいと思います。あとブルーブラックはボトルタイプとカートリッジタイプがありますが、月夜はボトルタイプだけなので、コンバーターを使う必要があります。

万年筆 何かお勧めはありますか?私的には、透明の物がよいと思っています。今、候補に上がっている物は、PILOT CUSTOM74 透明軸PILOT カスタムヘリテイジ92ペリカン M200 デモンストレーターなどです。他に、お勧めの物がございましたら教えて下さい。ちなみに、今、私が持ってる万年筆はPILOT CUSTOM74 FPILOT ELITE FPILOT COCOON FLAMY safari スケルトン BLAMY safari フレンドシップペン Fなどです。ご回答宜しく御願いします。 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

候補の中では、ヘリテイジがコスパ的にはいいかな、と思います。安いし、国産だし、堅牢だし。カスタム74は結局はコンバーター/カートリッジなので、デモンストレーターと比べると面白みに欠けるし、デモンストレーターはどうにも玄人マニアが勧めすぎるせいで、「自分は万年筆分かってるんですよ」みたいなアピールっぽくなって逆に嫌厭したくなります。ヘリテイジなら、デモンストレーター風で、なおかつあまり発売から時間も経ってないので持ってる人が少ない印象は受けます。僕は持ってますが。

万年筆 パイロットのペン先今、2本目の万年筆の購入の検討中です。今は、セレモのFを使っていて、もう少し太く柔らかくなめらかな万年筆を購入したいと思っています。候補としては、カスタム系かエラボーです。エラボーを試し書きしてみて、短文を書く文には、かなり書き味が良かったのですが、長文の試し書きはしていないので、不安です。カスタム742や743のほうが、安全(書き手を選びにくい)のではないかと思います。そこで質問です。カスタム742や743のSMとエラボーのSMはかなり書き味が違うのでしょうか。また、柔らかいと長文は書きにくいのでしょうか。個人的な感想で結構ですので、よろしくお願いします。 (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

カスタム742や743のS系(軟調ペン先)とエラボーとでは,ペン先のデザイン,構造が違いますので,当然書き味は異なります。以下主観になります。パイロットのS系は不自然に軟らかく,使い手を選ぶペン先だと思います。使い始めの頃は楽しかったのですが,フォルカン同様飽きてしまいました。エラボーはS系よりも使いやすく,長年愛用できるペン先だと思います。ただし,筆圧が高いユーザーですと,一文字書くごとにペン先をグニグニしならせることになりますので,疲れるペン先になるかもしれません。私は便箋,レポート用紙10枚くらいならエラボーを使用します。根を詰めて長時間書く必要に迫られることはないのですが,そのような場合であれば,エラボーはしんどいかもしれません。丁寧にきれいな字を書くのではなく,とにかく読める字(無難な字)を素早く書くことに特化するなら,H系(硬調ペン先)が向いています。質問者さんがどんな書き方をされているのか,どんな用途にどれくらいの時間万年筆筆記をされるのか等により,選ぶペン先は違ってくると思います。エラボーだけでなく,S系,H系も試し書きされて,比較されることをお勧めします。

万年筆についてペリカンのスーベレーンM400という万年筆ですが、本体?の色が違うものが何種類かありますが、基本的な中身は同じなのですか?字の太さがEFやFで違うのはわかるので、それ以外の基本的な書き味という意味です (暮らしと生活ガイド|日用品、生活雑貨|文房具)

M400はサイズが小さくて好みでないので持ってはいないが、M600、M800、M1000での定番品で、誤解を恐れずに言うと、そのとおり。レジンの着色が違うだけでその他の構造規格は同じ、とされている。計測などして確かめたことはないけどね。ネットでの諸先輩方の記述を拝見していても、「異なるものがある」という記録は見たことがない。